レコードを取り込む場合はフォノイコライザーが必要

古いレコードやCDが山のようにあって、それらをデジタル化して管理したいという場合、パソコンを使うと便利です。具体的にどのようにデジタル化すればいいのかというと、まずレコードの場合は、レコードプレイヤーとパソコンの間にフォノイコライザーと呼ばれる機械を挟み、それぞれをケーブルで接続し、専用ソフトを用いてパソコンに取り込むことになります。必ずプレイヤーで再生しながら取り込むことになるので時間はかかりますが、毎日、少しずつでも取り込んでいけば、膨大なコレクションでもいつかすべてをデジタル化することができるでしょう。CDの場合はもう少し簡単で、パソコンの内蔵ドライブにCDを入れ、専用ソフトでリッピングをすれば簡単にデータを取り込むことができます。

音楽管理ソフトを使って取り込んだデータを再生する

では、パソコンに音楽を取り込んだあとは、どのようにして管理したり、聴いたりすればいいのでしょうか。一番いいのは、音楽管理ソフトを使う方法でしょう。音楽管理ソフトは様々な種類があり、無料で利用できるものも多いです。パソコンの中に音楽データ専用のフォルダを作り、そこに音楽ファイルを入れて、音楽管理ソフトの設定でそのフォルダを指定すると、アルバム名やアーティスト名、ジャケット画像などを読み取って表示してくれます。あとは、聴きたいアルバムや曲をマウスで選べば、パソコンで流すことが可能です。ただ、アルバム名、アーティスト名といったデータは、CDをリッピングしたときに自動で取得する設定にしていないと表示されません。その場合は、自分で入力する必要があります。

不要になったオーディオ機器を買い取るオーディオの買取専門店が増えてきました。オーディオファンは音にこだわりがあるうえ、古い機種を探している方もおり、中古品が十分に流通するためです。