自然が豊かで美しく、そして、美味しい久米島!

久米島の魅力的なビーチ

海を求めて訪れる人も多い久米島。そんな久米島には、魅力的なビーチがたくさんあります。久米島の東に位置する「ハテの浜」は、細長く広がっている全長約7キロメートルの無人島です。メーヌ浜・中の浜・ハテの浜の3つの島があり、総称して「ハテの浜」と呼ばれています。砂浜だけでできている島で、そのまわりには、エメラルドグリーンの透き通った海が広がっています。日本の渚百選に選ばれた「イーフビーチ」は、約2キロメートル続く白い砂のビーチです。ビーチは、遠浅の海水浴場になっていて、近くには、ビーチに直結するホテルがあるので子供連れの家族でも楽しめます。

久米島ならではの食材

海に囲まれた久米島には、魅力的な食材がたくさんあります。中でも、高級食材の「車エビ」は、日本一の収穫量で全国収穫量の約15パーセントを誇ります。一般的には高級食材ですが、久米島では、刺身や塩焼きなどでリーズナブルに食することができるのも魅力です。また、漁港で行われているセリに参加して久米島ならではの食材をゲットすることもできます。ホテルに事前予約をするとシェフと一著にセリに参加できて、ゲットした食材は、特別料理としてシェフに調理してもらえます。

久米島の水でつくったお酒

久米島の山中からは、良質な水が湧き出ていて、その水を使ったお酒がつくられています。中でも「久米島の久米仙」は、全国的に知られている有名な泡盛です。また、久米島でしか飲めないブランドのお酒もあります。島内の醸造所では、見学もできるのでお酒づくりに触れてみるのも良いかもしれません。

久米島のツアーは、航空機の乗り継ぎの時間を考慮すれば3泊以上滞在するのがおすすめであり、日中はレンタカーやレンタサイクルを借りて島内巡りをするのが良いでしょう。