中古車の価格が下落する原因について知ろう

走行距離は価格に大きく影響する

中古車の価格が下落する要因にはいくつかあります。その要因と下落する理由について知りましょう。
まず、大きく価格に影響するのがその車の走行距離です。車に乗っている人ならば誰もが走行距離が増えると車の価値が下がるという事を知っています。実際に走行距離は車の価格に大きく影響し、具体的には3万キロを超えると価値が大きく下がり、5万キロを超えると更に大きく価値が下落します。10万キロを超えた車は高い買取価格が出ないと思っておいた方が良いでしょう。
どうして車の走行距離が中古車の価格に大きく影響するのかというと、車が走れば走るほど走行するために使われる部品が消耗していきます。そしてある一定距離以上走行した車の部品は消耗が激しく、破損やトラブルを引き起こす可能性が高いため、修理や交換をしなければいけません。走行距離が長い車は各部品の消耗が激しいと判断されるため、価格が大きく下がるのです。

フルモデルチェンジも下落する大きな原因に

もう一つ、中古車の価値が大幅に下落する要因としてあげられるのが同車種のフルモデルチェンジです。フルモデルチェンジというのはマイナーチェンジとは違い、その車の従来の弱点や欠点などを改善しており、外観も大きく変わります。外観に関しては好みがあるので、フルモデルチェンジ後の方が評価が低くなることもありますが、車の性能についてはフルモデルチェンジ後の方が高いことがほとんどです。ですからフルモデルチェンジ後はほとんどの人がフルモデルチェンジ後の車に興味が行き、旧式の車には興味がわかなくなります。中古車の価格はその車の状態ももちろん影響しますが、それ以上にその車が多くのニーズがあるかどうかも重要です。

ボルボを仙台で購入する場合、一般的な中古店以外にもボルボ認定の店舗もあるので安心して購入を行う事が出来ます。