自転車を買うなら個人店とチェーン店、どっちがいい?

アフターサービスが期待できる個人店

自転車を購入する場合、個人が経営している店と大きな会社が経営しているチェーン店のどちらがいいのでしょうか。これはケースバイケースで、どちらも一長一短あります。まず、個人店で購入する場合のメリットですが、購入後のアフターサービスが期待できるという点が挙げられます。たとえば、ちょっとしたトラブルであれば無償で直してくれたり、新規に買ったパーツを取りつけてくれたり、あるいはパーツ購入の相談に乗ってもらえる可能性があります。チェーン店の場合、客に対応する店員がまちまちですし、入れ替わりも多いので、客が顔を覚えてもらってなにも申告しなくてもアフターサービスで優遇してもらえるということはあまり多くありません。

自転車を選びやすいチェーン店

個人店で購入する場合のデメリットとしては、選ばれる車体の少なさが挙げられます。そもそも、敷地面積が小さな個人店は、自転車の販売よりも、パンク修理などのメンテナンスで利益を出していることが多く、車体の販売にそれほど積極的ではないところも多いです。チェーン店の場合、敷地面積が多く、余裕を持って車体を置けるため、いろいろなタイプの自転車から好みのものを選ぶことができます。また、欲しい自転車が売り切れていたとしても、チェーン店同士で車体の融通が可能なので、メーカーから取り寄せないといけない個人店と比べると入手しやすいといえるでしょう。また、女性の店員も珍しくないので、女性客が相談しやすいというのもメリットです。

自転車のことなら名古屋の自転車のショップにお任せで安心です。購入の相談からアフターサービスまでしっかりと対応してもらえます。